デリヘルの採用基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

将来の夢は、可愛い嫁が裸エプロンして家で待ってくれていること。

叶うはずがない夢を追い続ける、青少年のような心の佐藤です。

私はデリヘルが大好きですが、

そこで働く女の子が少ないながら、減ってきています。

高収入は確実なのに女の子が入ってこないということは、

それだけ厳しい世界だということです。

しかし、ちゃんとした目的や夢あり、それにはお金がいる、

という方はたくさんいらっしゃると思います。

そんな方に、デリヘルの採用基準を教えたいと思います。

まず顔についてですが、自分の容姿のレベルをハッキリと分かっていないと、

デリヘルでは採用にはなりません。

体型もややポッチャリまでは許されますが、

細いほうが何かと有利です。

それならば、そうじゃない人はどうすればいいのか?

それは、お店がコンセプトとするイメージと自分の雰囲気・容姿が同じかどうか。

これが一緒であることが重要です。

例えば、若い子ばかりのお店に50代の熟女が来ても、

誰も指名はして来ないと思います。

なぜかというと、お客達はそこが若い子のお店と認識して利用します。

そこに熟女がいても、若い子が好きなお客しか来ないので、

誰からも指名がない、ということです。

ちゃんと自分のタイプを理解しておかなければ、

デリヘルと言わず、風俗では働けません。

わからないという方は熊本 風俗 求人で面接を受けてきてください。

面接官は何人と女の子を見てきています。

自分が持つ個性や雰囲気、容姿を聞いてみて下さい。

受け答えによってはそのまま採用という可能性もありますが、

ダメだった場合も考えて、面接終了時に『どんなタイプのお店が合っているか』

というのを聞いてみて下さい。

そうすれば、働く為の道が見えてくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る